水周りの掃除のしやすさも賃貸選びの重要なポイントです。

賃貸物件を借りるにあたっては初期費用と二重家賃については注意しなければならないものであり、知っておくべきです。

水周りの掃除のしやすさも賃貸選びの重要なポイントです。

賃貸物件で知っておきたい初期費用と二重家賃

賃貸物件を借りる場合には、費用については特に注意をしたいものです。特に抑えておきたいポイントが初期費用と二重家賃です。賃貸物件を借りる際に必要な初期費用は家賃の6ヶ月分が目安だと言われています。その内訳は、敷金と礼金がそれぞれ2ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分、前家賃1ヶ月分となり合計で6ヶ月分です。但し、敷金と礼金については物件ごとに色々と違いがあります。年々敷金と礼金が必要のない物件も増えており、特に地方によっては礼金がないことが一般的になりつつあります。

そして二重家賃ですが、これは現在住んでいる物件から、次の物件へ住み替える時に、二つの部屋に同時に発生する家賃のことを言います。普通、次の引越し先を決めてから、今現在住んでいる物件の解約手続きを行うことになります。そうすると、実際には住んでいない新しい住まいの家賃を払うことになります。出来るだけ二重家賃は支払いたくないということは誰もが考えることです。対処方法としては、まずは新しい物件の家賃を交渉します。不動産業者に対して、家賃は実際に住み始めてからにしてもらいたいことを伝えます。また、今住んでいる物件の家賃は退去する月に関しては日割り計算でお願い出来ないかという相談をしましょう。どちらも上手くいくとは限りませんが可能性はあります。諦めずに相談をしてみることが大切でしょう。